映画&ドラマ:古代~中世初期 編
       

イギリスが舞台であったり、イギリスに関連すると思われる映画・ドラマを紹介しています。このページは「古代~中世初期編」です。ローマ支配期・ローマ撤退後の暗黒期・アングロサクソン七王国時代・バイキング時代が舞台の作品を掲載しています。

関連記事1-5世紀のイギリス

関連記事中世前期のイギリス(5世紀・6世紀・7世紀・8世紀・9世紀・10世紀)

Advertisement

ブリタンニア(Britannia)

関連記事ケルト的文化や風俗の復活:ローマ撤退後のブリテン島(1)

ボウディカ(Warrior Queen)

ブリテン島の南部がローマの属州となっていた時代が舞台の映画です。暴君ネロの治世下で、ブリテン島の集落の女王ボーディカは、ローマの支配に抵抗して反乱を起こしました。

センチュリオン (Centurion)

ブリテン島の北部へ侵攻するローマ軍と、北部を守るピクト人の戦いを描いた映画です。

第九軍団のワシ / The Eagle

ブリテン島北部のピクト人の領域に入ったローマの第9軍団が完全に消息を絶つという事件がありました。この史実をもとに、第9軍団に属していた父の名誉を回復を志した息子が、ピクト人の集落に侵入するストーリーです。

St Patrick: Irish Legend

St Patrick: Irish Legend は、2000年公開のテレビドラマです。聖パトリック(Saint Patrick)の生涯を描いています。聖パトリックはウェールズで生まれ、アイルランドにキリスト教を伝えた人物です。

St._Patrick:_The_Irish_Legend

ブリテン島のアーサー(Arthur of the Britons)

ブリテン島からローマが撤退した後の暗黒時代が舞台のお話です。ブリテン島にはサクソン人が侵入し定着しました。このドラマで描かれるアーサーは、立派な城をもつ王ではありません。歴史家が推測するような「サクソン人と戦ったケルト系のいち集落の長」として描かれています。この映画のアーサーは、養父に学び、サクソン人の孤児カイと兄弟同然に育ちました。ライバルは従兄弟のコーンウォールのマークです。

関連記事ケルト的文化や風俗の復活:ローマ撤退後のブリテン島(1)

キング・アーサー(King Arthur)

アーサー王のモデルは諸説あり、そのなかのひとつに「ローマ軍の司令官」というものがあります。この映画は、その説にもとづいて創作されたフィクションです。

関連記事アーサー王伝説が生まれた経緯:ローマ撤退後のブリテン島(2)

ゲート・オブ・キングダム 王の帰還(The Gaelic King)

スコットランドの暗黒時代(400年~900年)を舞台にした、イギリスの歴史ファンタジー映画です。

関連記事中世初期のスコットランド(5世紀~7世紀)

トリスタンとイゾルデ(Tristan & Isolde)

中世の騎士道物語『トリスタンとイゾルデ』が原作の映画です。ローマ帝国の支配が終了したブリテン島は、諸侯が乱立して、統一されない弱小地域となっていました。そのような中で、幼いトリスタンの両親が、アイルランド人の侵攻によって命を奪われます。アイルランドに漂着したトリスタンは、王女イゾルデと出会い、物語が展開してゆきます。

ベオウルフ(Beowulf and Grendel)

叙事詩「ベオウルフ」を元に描いた映画です。「ベオウルフ」は古英語で書かれた書物として有名です。8世紀~9世紀に書かれたのが最初とされていますが、物語そのものは何世代にもわたって口頭で語り継がれてきたものでした。

関連記事アングロサクソン時代の文化

ラスト・キングダム(The Last Kingdom)

「ラストキングダム」は、アルフレド大王の時代を舞台にしたフィクションドラマです。小説「サクソン物語(The Saxon Stories)」がベースとなっています。

関連記事アングロサクソン七王国:バイキングの侵攻とウェセックス王国の台頭(9世紀)


Advertisement

アイルランドのダブリンにて「クロンターフの戦い」から1000年を記念したイベント(2014年4月19日)
出典 Wikimedia Commons

\古代が舞台の映画・番組/

“戦いの女王”はこうして生まれた!ローマ帝国支配下の西暦47年のブリタニア(現在のグレートブリテン島)を舞台に、のちにケルト人部族をまとめあげ、ローマ帝国に大規模反乱を起こして歴史に名を残すことになる[...]

この映画/番組の情報

amazon
       
?>