エドガー(Edgar the Peaceful)

エドガー(Edgar the Peaceful)
Advertisement

エドガー(Edgar the Peaceful

治世959 – 975 (15年281日)
継承権エドマンド1世の息子
生没c.943 – 975 (31歳)
家系ウェセックス家(house of Wesex
父母Edmund, King of England & Ælfgifu of Shaftesbury
結婚Æthelflæd(c.960)
Ælfthryth(c.964)
子供Edward / Eadgyth / Edmund / Æthelred
埋葬Glastonbury Abbey(廃墟)

おもなできごと

エドガーはエドマンド1世の息子で、先王エドウィの実弟です。959年に全イングランドの王として即位したとき19歳でした。

エドガーは、先王エドウィが追放した聖職者ダンスタンをすぐに呼び戻して、最終的にカンタベリー大司教の座に据えました。ダンスタンはエドガーのアドバイザーとして活躍しました。

エドガーがイングランド王として即位したのは959年ですが、戴冠式はバース(bath)で973年に行われました。この戴冠式は、治世の開始を示すものではなく、治世の絶頂を示すものとして、ダンスタンによって慎重に計画されたものでした。この直後、チェスターに各国の王が集い、エドガーを上王として忠誠を誓ったとされています(King Edgar’s council at Chester)。

この戴冠式は、現在の戴冠式の原形となったと云われています。

チェスター集会で忠誠を誓ったとされる王たち

ディー河にて、上王エドガーを乗せたボートを漕ぐ諸王
(ビクトリア時代に描かれたイラスト)
出典 Wikimedia Commons

エドガーの治世は、先王エドウィの治世と比較して、安定したものとなりました。ニックネームの「Peaceful」の由来ともなっています。

地図

ストラスクライドの位置
(940年頃のブリテン島)
出典 Wikimedia Commons

年表

959エドガーが、マーシアおよびノーザンブリアを含むイングランド全土の王になる
965ウェストミンスター大聖堂の建立
973チェスターにて、北部の諸王がエドガーを上王として承認する
975ウィンチェスターにてエドガー死去

Advertisement

参考
Edgar the Peaceful
Kings and Queens of England & Britain
Edgar

エドウィ(Eadwig)
エドウィ(Eadwig)
エドウィはエドマンド1世の長男です。先王エドレッドの甥にあたります。即位したのは16歳のときでした。 4年に満たないエドウィの治世は、諸侯や高位聖職者との争い.....
エドワード殉教王(Edward the Martyr)
エドワード殉教王(Edward the Martyr)
エドワードは、12-13歳で即位しました。エドワードは先王エドガーの長男でしたが、父王からは継承者としての指名はなく、異母弟エゼルレッド(Æthelred)と王.....