Denmark dynasty (1013-1014 / 1016-1042)

1066年3人の王位争奪戦:クヌート大王時代にさかのぼる発端

1066年、アングロサクソン系の国王エドワード証聖王が子供のないまま没したとき、3人の人物がイングランドの王位を狙っていました。1人目は、アングロ=ノルマンのウェセックス伯ハロルド・ゴッドウィンソン、2人目はノルウェー王ハラルド・ハルドラダ、そして3人目はフランスのノルマンディ公爵ウィリアムです。それぞれに、王位継承を主張しうる、あるいは主張したくなる理由がありました。その発端は50年前、デーン人のクヌート大王がイングランドに侵攻してイングランド王位を略奪したときにさかのぼります。