regency era

2/2ページ

馬車の種類:19世紀初頭のイギリス

18世紀末~19世紀初頭に使われていた馬車を列挙します。大衆用の駅馬車から、エレガントなタウンコーチやバルーシュ、そしてスポーティなカリクル、軽量でほろなしのフェートンなど、馬車には様々の種類があります。様式やデザインも様々です。内部にベルベットやシルク、レザーをほどこして贅沢で上品に仕上げられている馬車もあれば、輸送だけを目的にしたシンプルな馬車もあります。

貴族と地主階級(ジェントリ)の違い

貴族と地主階級の違いはなにか?それは、貴族には爵位があるいっぽうで、地主階級には爵位がないことです。これが両者の決定的な違いです。…「血統」は、イングランドの地主階級を決める必須要素ではありません。下層から昇ってきた地主階級もいたからです。

アーサー・エイキン

エイキンは1801年に the British Mineralogical Society の会長となります(28歳)。1807年には Geological Society of London の創設メンバに名を連ね(34歳)、のちに名誉幹事にもなりました。1841年創設の Chemical Society of London の創設メンバでもあり、財務係を経て副会長も務めました。彼の著述やジャーナリズムは外国の化学/科学の最新情報を広くイギリスに伝えることに貢献しました。

ルドルフ・アッカーマン

Rudolph Ackermannルドルフ・アッカーマン 生誕 1764年4月20日 Schneeberg, Electorate of Saxony 死没 1834年3月30日 Finchley, London 父 馬具作り職人 母 職業/奉仕 馬具修理・馬車設計、書店・出版事業、発明者、リトグラファー(印刷技術) 所属/支持 反ナポレオン 功績 アッカーマン・ジャントー機構 […]

社会階級‐19世紀初頭のイギリス

摂政時代 / リージェンシー(18世紀末~19世紀初頭)の社会の序列構造について書きます。国王を頂点として、支配者層には王族と貴族階級そして地主階級が続きます。「ミドルクラス」という階層は1832年以降に使われ始めました。しかしその実態は19世紀の初頭から存在していました。全人口のもっとも多くを占めていたのは…

イギリスの摂政時代をざっくり

イギリスには「摂政時代 / リージェンシー」と呼ばれる時代があります。18世紀末~19世紀の初頭で、王朝はハノーヴァー朝(House of Hanover)※にあたります。精神を患った国王ジョージ3世に代わって王太子ジョージ(のちのジョージ4世)が摂政をつとめたことからこのように呼ばれます。 優雅に暮せる人々は優雅に暮らし、奔放な王太子ジョージを筆頭に、お洒落なボー・ブルメルや破天荒な詩人バイロン […]