社会

3/3ページ

産業革命の幕開け-ジョン・ケイが発明した「飛び杼」

18世紀も半ばになると、新しい手法が開発・導入され、イギリスそしてヨーロッパに広がります。この変化の過程で「工業化」が進みました。ある町や市に専用の工場が集約され、工業都市と呼ばれるようになります。1733年、ジョン・キー(John Kay)によって飛び杼(Flying shuttle)が発明されました。これは従来の手織り機に改良をくわえたもので、格段に効率があがりました。また一人で操作できるため、少ない労働者で生産できるようになりました。

政府御用達「イングランド銀行」の創設

1692年、議会が戦争債務の埋め方を模索しているとき、いちはやく融資を申し出たのがウィリアム・パターソンでした。1694年、イングランド銀行が創設されました。イングランド銀行は私立の銀行でありながら、議会法案の可決を経て、特殊な地位を独占しました。次第に中央銀行としての責任を負うようになり、20世紀に国営化されて現在に至ります。

1 3