victorian era

ヴィクトリア期:1837年~1901年

アーサー・エイキン

エイキンは1801年に the British Mineralogical Society の会長となります(28歳)。1807年には Geological Society of London の創設メンバに名を連ね(34歳)、のちに名誉幹事にもなりました。1841年創設の Chemical Society of London の創設メンバでもあり、財務係を経て副会長も務めました。彼の著述やジャーナリズムは外国の化学/科学の最新情報を広くイギリスに伝えることに貢献しました。