victorian era

ヴィクトリア期:1837年~1901年

18世紀~19世紀の馬車のスピード

有料化によって道路のコンディションが良くなったおかげで、馬車の移動スピードも向上しました。1750年代には平均時速8キロメートルだった乗合馬車が、1790年代には平均時速11キロメートルで走りました。メールコーチが時速24キロメートルで走行した記録もあります。

18世紀~19世紀の陸路

これまでの穴だらけ泥だらけの道に比べて、修繕された有料道路は快適でした。旅人や商人は「有料」の「価値」を認めはじめました。 道路のコンディションがよくなると、馬に背負わせる荷物の量を増やすこともできます。18世紀の終わりには、馬は1頭あたり 3,000kg 以上の荷を運んだそうです。 有料道路の運営と管理は民間団体に信託されました。ターンパイクトラスト(turnpike trusts)といいます。

アーサー・エイキン

エイキンは1801年に the British Mineralogical Society の会長となります(28歳)。1807年には Geological Society of London の創設メンバに名を連ね(34歳)、のちに名誉幹事にもなりました。1841年創設の Chemical Society of London の創設メンバでもあり、財務係を経て副会長も務めました。彼の著述やジャーナリズムは外国の化学/科学の最新情報を広くイギリスに伝えることに貢献しました。