カントリーハウスの成り立ち、規模や様式
       
Advertisement

カントリーハウスとは

田舎に建っているお屋敷〜宮殿

「カントリーハウス(country house)」という総称には、国王が所有する壮大な宮殿から、地方のつましいジェントリが暮らす小さな邸宅まで、幅広い建物が含まれます。ですが明確な基準はなく、じつはあいまいな呼称です。共通している点として…

  1. 田舎に建っていること
  2. 要塞ではないこと
  3. 1500年頃より後に豪邸 / 邸宅として利用されたこと

などが挙げられています。

カントリーハウスには、カントリーハウスたるべくして建てられたもののほか、旧修道院や、旧要塞、旧マナーハウスを増改築して再利用したものもあります。

カントリーハウスとタウンハウス

「カントリーハウス」という言葉は、ロンドンなどの都市部に建つ「タウンハウス」に対比する言葉として使われ始めました。裕福な貴族やジェントリ(大地主)は、所有する広大な土地にお屋敷をもち、ロンドンなどの都市部にも邸宅をもっており、季節ごとに滞在場所を変えて暮らしていたのです。

タウンハウスの例:ロンドンに建つアスピリーハウス
Apsley House in 1829 by TH Shepherd. The main gateway to Hyde Park can be glimpsed on the left.
カントリーハウスの例:ダービシャーに建つチャッツワースハウス
This late 18th-century oil painting by William Marlow emphasises the romantic aspect of Chatsworth’s setting on the edge of the Peak District

タウンハウスがなくても「カントリーハウス」

都市部にタウンハウスを構えるほど経済的に恵まれていないジェントリ層もいました。彼らにとっては所有する土地に建つ屋敷が唯一の住まいでしたので、カントリー(田舎)かタウン(都会)かを呼び分ける必要はありませんでした。しかし一般的に、田舎に建つお屋敷はカントリーハウスと呼ばれるようになりました。

マナーハウスとは?

マナーハウスは中世の領主の館

Markenfield Hall in North Yorkshire, a 14th-century manor house with moat and gatehouse

「カントリーハウス」と混合されやすい言葉に「マナーハウス」があります。マナーハウスは、中世の封建領主の館です。中世は戦乱の世ですから 要塞化 されたマナーハウスもありました。

時代をくだると、マナーハウスの運命が分かれます。

  • ケースA:増改築され快適なお屋敷として利用される
  • ケースB:要塞のまま機能し続ける
  • ケースC:捨て置かれて荒廃する

このなかで「増改築され快適なお屋敷として利用され」たものだけを、カントリーハウスと呼ぶことができます。

「カントリーハウス」は元マナーハウスだけではありません。かつて修道院や城塞だった建物も、「増改築され快適なお屋敷として利用され」 ればカントリーハウスと呼ぶことができます。

名称から探るカントリーハウスの過去

建築当初は何に使われていた建物?

日本のように地震がなく、何百年も使える石造りの建物は、その利用目的が時代とともに変わることが珍しくありません。 建築当初は何に使われていた建物なのか、名称から察することができます。必ずというわけではありませんが、おおむね次のような感じと言えます。

  • キャッスル(castle)…元 要塞
  • パレス(palace)… 宮殿
  • コート(court)… 宮廷
  • アビー(abbey)…元 大修道院
  • プライオリ (priory)…元 小修道院
  • ホール(hall)…中世のホールハウスから発展
  • マンション(mansion)…カントリーハウスたるべくして新築された邸宅
  • パーク(park)…敷地?
  • ハウス(house)…建物?
  • マナー(manor)…元 封建時代の「領主の館」
  • プレイス(place)…?

ただし、建物の名称にルールはありません。後世に建てられたカントリーハウスに、由来と関係のない名前が与えられることもあります。その場合は歴史とは無関係です。

カントリーハウスの規模と様式

規模

Hampton Court Palace
撮影:トオ子

田舎に建つ壮大な宮殿から小さなお屋敷まで、すべて「カントリーハウス」と総称できます。壮大なブレナム宮殿(Blenheim palace)も、小さなエバーストーンホール(Ebberston Hall)も、カントリーハウスです。

そこでカントリーハウスを便宜的に分類するなら、建築の目的や状況によって次の3つに分けられるそうです。

  • パワーハウス…宮殿など
  • マイナーカントリーハウス…貴族やジェントリのお屋敷
  • ビクトリアンハウス…19世紀にビジネスで富を築いた人たちが新改築したお屋敷

くわしくは次のリンク先にまとめました。

関連記事イギリスのカントリーハウス-3タイプ

様式

カントリーハウスの建築様式は様々です。中世のものから、テューダー朝エリザベス時代の様式、あるいは後のゴシック様式やバロック様式、摂政時代に新築されたパッラディーオ様式、そこから少し時代を下ったビクトリアン様式などがあります。

長い歴史をもつカントリーハウスのなかには、ファサードやウィングに時代ごとの建築様式が混在しているものがあります。

詳しくは次のリンク先にまとめました。

関連記事イングランドのカントリーハウス(1)成り立ちと建築様式の変化

関連記事イングランドのカントリーハウス(2)建築様式の混合

18世紀~19世紀初頭の建築家と造園家

Site at Wentworth, South Yorkshire after proposed landscaping
出典 Wikimedia Commons

富める人びとは、所有する豪邸とまわり景観を美しく仕上げることに時間とお金を費やし、邸宅までのアプローチと窓からの眺めをより印象的なものにしようと躍起になりました。18世紀~19世紀初頭のカントリーハウスや、それをとりまく敷地のレイアウトやデザインを手がけた著名な建築家と造園家は…

  • ウィリアム・ケント(c. 1685 – 1748)
  • ロバートアダム(1728 – 1792)
  • キャパビリティ・ブラウン(1715 – 1783)
  • ハンフリー・レプトン(1752 – 1818)

です。くわしくは下記のリンク先にまとめました。

関連記事18世紀~19世紀初頭の建築家&造園家 – パッラディーオ様式と自然な美しい景観

王室以外の大豪邸カントリーハウス

ロイヤルファミリーの大邸宅にも匹敵する規模のカントリーハウスを4つ紹介しています。

  • ブレナム宮殿
  • ノールハウス
  • キャッスルハワード
  • チャッツワースハウス

詳しくは下記のリンク先にまとめました。

関連記事王室の豪邸にも匹敵するカントリーハウスを4つ紹介


Advertisement

参考
Townhouse (Great Britain)
Engish country house


イングランドのカントリーハウス(1)成り立ちと建築様式の変化
イングランドのカントリーハウス(1)成り立ちと建築様式の変化
カントリーハウスの建築様式は様々です。中世のものから、テューダー朝エリザベス時代の様式、あるいは後のゴシック様式やバロック様式、摂政時代に新築されたパッラディーオ様式、そこから少し時代を下ったビクトリ.....
18世紀~19世紀初頭の建築家&造園家 – パッラディーオ様式と自然な美しい景観
18世紀~19世紀初頭の建築家&造園家 – パッラディーオ様式と自然な美しい景観
18世紀~19世紀初頭、上流階級の富める人びとは豪華なカントリーハウスを所有し、そこに住んだり、季節ごとに滞在したりしました。所有する豪邸とまわり景観を美しく仕上げることに時間とお金を費やし、邸宅まで.....
王室の豪邸にも匹敵するカントリーハウスを4つ紹介
王室の豪邸にも匹敵するカントリーハウスを4つ紹介
目次 1. ブレナム宮殿2. ノールハウス3. キャッスルハワード4. チャッツワースハウス Advertisementブレナム宮殿 マールバラ公爵の本拠地であるブレナム宮殿(Blenheim)は、イ.....
       
?>