王室の豪邸にも匹敵するカントリーハウスを4つ紹介
       
Advertisement

ブレナム宮殿

ブレナム宮殿
Blenheim Palace, Woodstock, Oxfordshire.

マールバラ公爵の本拠地であるブレナム宮殿(Blenheim)は、イングランドのオックスフォードシャーにあります。王室の所有ではないカントリーハウスのなかで唯一「宮殿 / Palace」が付されている建物です。1705年から1722年にかけて建てられ、1987年からユネスコ世界遺産に登録されています。

一般公開されています。
公式サイト:https://www.blenheimpalace.com/

ノールハウス

ノールハウス

イングランドのケントに位置するノールハウス(Knole House)は、1,000エーカー(400ヘクタール)の敷地に建っています。もとは大司教の大邸宅でした。現在見られる建物の建築は15世紀半ばまでさかのぼり、大規模な増築が16世紀と17世紀におこなわれました。中世の建築とスチュアート時代の建築が混合しており、また中央のファサードと大広間が評価されてグレード I に登録されています。

一般公開されています。
公式サイト:https://www.nationaltrust.org.uk/knole

キャッスルハワード

キャッスルハワード

キャッスルハワード(Castle Howard)は、イングランドの北ヨークシャーにあります。個人の邸宅として300年以上にわたってハワード一族のカーライル伯系が所有しています。名称に「キャッスル」と付いていますが要塞ではありません。かつて要塞があった地に建てられたカントリーハウスなので「キャッスル」と付されています。グレードIに登録されている邸宅です。

一般公開されています。
公式サイト:https://www.castlehoward.co.uk/

チャッツワースハウス

チャッツワースハウス

イングランドのダービシャーにあるチャッツワースハウス(Chatsworth)は、デボンシャー公爵キャベンディッシュ家の拠点です。1549年から所有されています。樹木が生い茂る広大な緑地に建っており、屋敷のなかには絵画、家具、新古典主義の彫像、書物など膨大なコレクションが保管されています。

2005年の映画版『高慢と偏見』で、ミスターダーシーのお屋敷ペムバリーの外観として登場しました。

一般公開されています。
公式サイト:https://www.chatsworth.org/


Advertisement

PR 【KLM】オランダ航空で行くイギリス

✈ 福岡・大阪・東京発:ロンドン ✈
福岡発:エジンバラ / サウサンプトン
大阪発:エジンバラ / サウサンプトン
東京発:エジンバラ / サウサンプトン


参考
Blenheim
Knole House
Castle Howard
Chatsworth
Georgian society in Jane Austen’s novels


イングランドのカントリーハウス(2)建築様式の混合
イングランドのカントリーハウス(2)建築様式の混合
長い歴史をもつカントリーハウスのなかには、ファサードやウィングに時代ごとの建築様式が混在しているものがあります。 時の有名建築家を雇える人は限られていましたので、おおくのカントリーハウスは、おもに地元.....
イングランドのカントリーハウス(1)成り立ちと建築様式の変化
イングランドのカントリーハウス(1)成り立ちと建築様式の変化
カントリーハウスの建築様式は様々です。中世のものから、テューダー朝エリザベス時代の様式、あるいは後のゴシック様式やバロック様式、摂政時代に新築されたパッラディーオ様式、そこから少し時代を下ったビクトリ.....
カントリーハウス【ロンドン近郊編】
カントリーハウス【ロンドン近郊編】
このページは、カントリーハウス【ロンドン近郊 編】です。 目次 1. バッキンガム宮殿 2. ハンプトン・コート・パレス3. 地図から探す Advertisementバッキンガム宮殿 Buckingh.....
       
?>