ウィリアム2世(William Rufus)
       

関連記事【歴代】イギリスの君主(国王・女王)一覧

Advertisement

ウィリアム2世(William Rufus)

ウィリアム2世
出典 Wikimedia Commons
治世1087年9月26日-1100年8月2日(12年311日)
継承権ウィリアム1世の息子
生没c.1056年:Normandy
1100年8月2日:New Forest
家系ノルマンディ家
父母William the Conqueror & Matilda of Flanders
結婚
子供
埋葬ウィンチェスター大聖堂(Winchester Cathedral
イングランド国王:ウィリアム2世

年表

1087父ウィリアム1世を継いで、三男ウィリアム2世がイングランド王位に就く
1088兄ロバートを支持した叔父オドの反乱をウィリアム2世が鎮圧
1089司法長官に任じられたラナルフ・フランバード(Ranulf Flambard)が、教会に重い税を課す
1090兄ロバート打倒を目指して、ウィリアム2世がノルマンディに侵攻
1091スコットランドのマルカム3世(Malcolm III)がイングランドに侵攻、ウィリアム2世がこれを討つ
1092カーライル(Carlisle)とカンバーランドをスコットランドから獲得
1093マルカム3世がイングランドに再侵攻し、敗戦し、落命する(Battle of Alnwick
1095ウィリアム2世、ノーザンブリアの反乱を鎮圧(Rebellion and downfall
1095ローマ教皇ウルバヌス2世(Pope Urban II)の呼びかけで第一回十字軍遠征がはじまる(十字軍…ムスリムに掌握された聖地エルサレムの奪還を掲げる)
1098ウィリアム2世、ウェールズ人による反乱を鎮圧
(1081-1094年にかけて、ウィリアム2世がウェールズに侵攻し支配を及ぼしていた)
1099第一回十字軍がエルサレムを奪還
1100ウィリアム2世、ニューフォレストで狩猟中に落命
年表:イングランド国王ウィリアム2世の治世

おもなできごと

イングランド王位継承

先王のウィリアム1世(征服王)には4人の息子がいました。上からロバート、リチャード、ウィリアム、ヘンリーです。長男ロバートはノルマンディ公爵領と爵位を継ぎ、次男リチャードは若くして亡くなっており、三男ウィリアムがイングランド王国と王位を継いでウィリアム2世となりました。なお、四男のヘンリーには継承できる土地がなく、お金を相続しました。

当時のノルマン貴族社会では、先祖代々の領地を長男に継ぎ、新たに獲得した土地は次男以下に分割することが、あるていど慣習化されていた。

1088年の反乱

ウィリアム征服王がノルマンディとイングランドを分けて2人の息子に相続したことで、一部の諸侯は困った立場におかれました。ノルマンディとイングランドの両方に土地を与えられていた諸侯にとっては、君主と仰ぐべき人が2人になってしまい、この2人は互いの領土と地位を狙ってライバル関係になっていたからです。あちらを立てればこちらが立たずの状況だったので、忠誠を果たせず、いずれかの土地を没収されかねません。このような諸侯は、ひとりの君主のもとでノルマンディとイングランドが再統一されることを切望しました。そこで彼らは唯一の君主としてロバートを選び、ウィリアムに反旗をひるがえします。これが1088年の反乱です。この反乱を率いたのは、両者の叔父(先王の異母兄弟)にあたるオド(Odo of Bayeux)でした。

しかしこの反乱はウィリアム2世によって鎮圧されました。なお、オドはイングランドを去り以降はノルマンディでロバートに仕えました。

「赤ら顔」のニックネーム

ウィリアム2世のニックネームは「ルーフェス(Rufus)」です。赤みを帯びた、という意味があります。怒りによるものか、お酒によるものか、道楽が過ぎたことによるものかはわかりませんが、赤ら顔だったと考えられています。

教会の収入を横取り

イングランド国王に即位したウィリアム2世は、不人気でした。1089年にカンタベリー大司教(Lanfranc)が亡くなったあと4年間も後任を指名せず、教会の収入を横取りするなどしたためです。1093年にようやく後任の大司教(Anselm)が就任すると、教会の権限をめぐってウィリアム2世と対立しました。

暗殺か事故死か

ウィリアム2世はニューフォレスト(New Forest)で狩猟中に、矢に当たって亡くなりました。この矢を放ったのはウォルター・ティレル(Walter Tirel)だとされています。アングロノルマン系の貴族で、優秀な射手として有名だった人物です。ティレルは、ウィリアム2世に伴って狩猟に参加しており、事件後はフランスに逃亡しました。暗殺なのか、事故なのか、定かではなく謎の多い最後になりました。

ウィリアム2世が倒れたとされる場所に、石碑(Rufus Stone)が建っています。

この事件の恩恵を受けたのは四男のヘンリーです。この狩猟に同行していました。ヘンリーは事件を受けて迅速に行動し、ノルマンディにいた長男ロバートを凌いで、イングランド王位に就きました。

ウィリアム2世の死(19世紀画)
出典 Wikimedia Commons

地図

カーライル城

カーライル城はウィリアム2世の時代に建設がはじまりました(1093年)。この頃のカンブリア地域(Cumberland)はスコットランドの一部だと考えられていましたが、ウィリアム2世はスコットランドに侵攻して、ここを獲得しました。国境を守るために、ノルマン様式のモットアンドベイリー型の城を築いたのが始まりです。この城は、かつてのローマ要塞(Luguvalium)の跡地に建てられています。

ルーフェスストーン

矢に当たって死亡したとされる場所に碑が建てられています。


Advertisement

参考
Kings and Queens of England & Britain
English_monarchs
William II
Rebellion_of_1088
William II and Henry I
William II
A Really Useful Guide to Kings and Queens of England

ウィリアム1世(William the Conqueror)
ウィリアム1世(William the Conqueror)
目次 1. ウィリアム1世(William the Conqueror)2. 年表3. おもなできごと4. 地図 Advertisementウィリアム1世(Wi.....
ヘンリー1世(Henry Beauclerc)
ヘンリー1世(Henry Beauclerc)
イングランド国王になったヘンリー1世は、のちに長兄ロバートとの戦いにも勝利して、ノルマンディ公爵領をも支配下に収めました。ヘンリー1世は勤勉で聡明な王として知ら.....
【歴代】イギリスの君主(国王・女王)一覧
【歴代】イギリスの君主(国王・女王)一覧
「イギリス」は正式名称を「グレートブリテン王国および北アイルランド連合王国(1922年成立)」といい、4つの国から成っています。イングランド・ウェールズ・スコッ.....

\1066年が舞台の映画・番組/

1066年、フランス・ノルマンディーから1万2千の兵を率いてイギリスに上陸、イングランド軍を破りロンドンを落とし、ついにはフランス人ながらイングランド王として戴冠、現在のイギリス王室の開祖となったウィ[...]

この映画/番組の情報

amazon
       
?>