イングランド

アングロサクソン時代の文化

ラテン語と古英語 中世のヨーロッパではほとんどの書物がラテン語で書かれていました。しかし、ラテン語を理解できるのは、ほぼ聖職者だけでした。 このようなヨーロッパにおいて、イングランドは少し特異でした。書物に古英語も使われていたのです。古英語は多くのひとの話し言葉でした。 書物の多くは聖職者によって書かれたものだったので、必然的に宗教色の強いものが多くなります。しかし聖職者以外のひとが古英語で書いた […]

アングロサクソン時代の宗教

ノルマン人による征服(1066年)よりも以前から、イングランドではキリスト教が信仰されていました。教会は強い影響力をもっていました。 初期…改宗と発展 サクソン人は異教徒だった ブリテン島にやってきた初期のサクソン人は、自然を崇拝し複数の神々を信仰していました。このサクソン人の信仰については、詳しいことはわかっていません。 サクソン人の宗教がどのようなものであったかは、ものや場所の名前に名残がみら […]

アングロサクソン人の社会

ノルマンコンクエスト(1066)が起こる前のイングランドは、アングロサクソン人が統治する王国でした。 アングロサクソン時代の初期、イングランドの土地のほとんどは森でした。人口も少なく、総じて100万人ほどだったと推測されています。ひとびとは小さな村に暮らしていました。ほとんどの村は100人未満の人口でした。それぞれ村単位で自給自足の生活をし、衣食をまかないました(塩と鉄だけは外部から入手しました) […]

1066年、もうひとりの候補者:アルフレド大王の直系エドガー・アシリングの人生

エドワード証聖王が亡くなり王位争奪戦の起こった1066年、エドガーが王位継承者として候補にあがりました。エドガーはアルフレド大王の直系にあたります。しかしおよそ14歳と若く、ほか3者※の強敵の出そろった時世には間がわるく戴冠することはありませんでした。ノルマンディ公ウィリアムがイングランドを征服すると、エドガーは反乱勢から擁立され、またスコットランドのマルカム3世の後ろ盾を得て、イングランド王位を主張しました。

王位継承戦争:ヘンリー1世の娘マチルダ VS 甥スティーブン

ヘンリー1世は娘のマチルダを王位継承者として宣言しましたが、ヘンリー1世がなくなると、甥のスティーブンが王位に就いてしまいます。マチルダはノルマンディからイングランドに上陸し、イングランドで王位継承の内戦が繰り広げられました。

ウィリアム征服王の息子たち:領土争いの末に四男ヘンリーがすべてを獲得

1100年に三男ウィリアムの死をうけて、ヘンリーがイングランド王国を継承することになりました。すると翌年、イングランド王国を欲した長男ノルマンディ公爵ロバートが、軍を率いて侵攻してきました。(…)こんどはヘンリーがノルマンディに侵攻してロバートを討ち、ノルマンディ公爵領をも獲得しました。

1066年3人の王位争奪戦:クヌート大王時代にさかのぼる発端

1066年、アングロサクソン系の国王エドワード証聖王が子供のないまま没したとき、3人の人物がイングランドの王位を狙っていました。1人目は、アングロ=ノルマンのウェセックス伯ハロルド・ゴッドウィンソン、2人目はノルウェー王ハラルド・ハルドラダ、そして3人目はフランスのノルマンディ公爵ウィリアムです。それぞれに、王位継承を主張しうる、あるいは主張したくなる理由がありました。その発端は50年前、デーン人のクヌート大王がイングランドに侵攻してイングランド王位を略奪したときにさかのぼります。