グレートブリテン王国とハノーヴァー朝の誕生のいきさつ

グレートブリテン王国とハノーヴァー朝の誕生のいきさつ

王位継承法の成立

ステュアート朝最後の君主はアン女王

1702年、ステュアート朝のアン女王( Anne, Queen of Great Britain )が戴冠します。ジェームズ2世の娘ですが、彼女の信仰は英国国教会でした。血筋についても信仰についても、心配ありませんでした。しかし後継ぎがないのは問題でした。嫡子はありましたが、1700年に11歳で世を去ったグロチェスター公ウィリアム( Prince William, Duke of Gloucester )を最後に、みな早世していたのです。

ジェームス2世は親カトリック政策を行ったので「名誉革命」にて追放されていました。ジェームス2世の娘メアリが女王に即位し、その夫でオランダ貴族のウィリアムが3世(王配)となりますが、嫡子がなく崩御します。このためメアリ女王の妹アン(上述)が王位を継ぎました。

Anne in blue and yellow robes. The Crown Jewels are on a table to her left.

王位継承権をプロテスタントに限る法律

1701年、議会はさきまわりして「王位継承法( Act of Settlement )」を定めました。王位継承権をプロテスタントに限るとする法です。これで仮にジェームズ2世がアン女王より長生きした場合でも復帰はなく、あるいはジェームズ2世の息子ジェームズ・フランシス・エドワード( James Francis Edward Stuart )にも、娘ルイーザ・マリア・テレーザ( Louisa Maria )にも、継承権がないということになります。彼らの信仰はカトリックだからです。

Prince James Francis Edward Stuart by Alexis Simon Belle

継承権はハノーファー選帝侯妃ゾフィーへ

ステュアート家の血をひくプロテスタントのなかで継承順位のもっとも高いのが、ゾフィー・フォン・デア・プファルツ( Sophia of Hanover )でした。ジェームス6世&1世( James VI and I )の孫娘にあたります。母からその血を引いてオランダのハーグで生まれ、神聖ローマ帝国の領邦国家ハノーファーの領主( Ernest Augustus, Elector of Hanover )に嫁いでいました。 

Facsimile of the Act of Settlement sent to Electress Sophia of Hanover

合同法でグレートブリテン王国が誕生

スコットランド、王位継承法に異論あり

さて「王位継承法( Act of Settlement )」は、スコットランド議会( Parliament of Scotland )に相談がないままイングランド議会( Parliament of England )によって強引に進められたものでした。

スコットランド議会は納得がゆかず「 Act of Security( Act of Security 1704 )」で、自国の君主は自国で決めることを強く要求しました。

Parliament Hall, Edinburgh, meeting place of the Parliament from 1639–1707 (1852作).

イングランドの応酬-経済制裁

スコットランドの「 Act of Security」に対してイングランド議会は「Alien Act ( Alien Act 1705 )」で応じます。イングランド内に居るスコットランド人を外国人として扱うというものです。つまり、スコットランド人がイングランドに所有する不動産などは、相続が難しくなります。さらにスコットランド産の品物をイングランド及びイングランドの植民地に輸入することを禁じました。またスコットランドの蜂起をふせぐため、イングランドからスコットランドへの武器や弾薬、馬の輸出を禁じました。

困窮したスコットランド、イングランドと合体へ

経済的な圧力を加えられたスコットランドは、イングランドと合体する選択に向かうことになります。これこそ、何世紀もまえからイングランドが欲していたことでもあったのです。1707年、ついに「合同法( Acts of Union 1707 )」が成立します。ここにグレートブリテン王国( Kingdom of Great Britain )が誕生し、輸出入の制限もなくなりますが、議会はひとつに統合されました。

“Articles of Union with Scotland”, 1707

ハノーヴァー朝のはじまり

ゾフィーの死去で息子ゲオルグが戴冠しジョージ1世に

王位を継承する予定だったゾフィー・フォン・デア・プファルツ( Sophia of Hanover )ですが、アン女王が崩御するほんの数週間前に、亡くなりました。このためゾフィーの息子ゲオルグが、1714年8月に王位を継承し「グレートブリテン王国」および「アイルランド」の国王となりました( George I of Great Britain )。こうして、ハノーヴァー朝がはじまります。

George c.1714, the year of his succession, as painted by Sir Godfrey Kneller

なお「ゲオルグ」とはドイツ語読みです。英語読みで「ジョージ」となります。戴冠したときの年齢はすでに54歳でした。スペイン継承戦争( War of the Spanish Succession )では、ハノーファー領主として戦場にも赴いていました。その生まれ育ちや環境から精神的にドイツ(神聖ローマ帝国)の人であり、英語を話すこともなく、完全な「イギリス人」になることはありませんでした。ですが当時のイギリスにとっては、それよりも教派 ー カトリックかプロテスタントか ー が切迫した課題だったのです。

参考
History of Britain and Ireland: The Definitive Visual Guide