ハロルド・ゴドウィンソン(Harold Godwinson)
       

関連記事【歴代】イギリスの君主(国王・女王)一覧

Advertisement

ハロルド・ゴドウィンソン(Harold Godwinson

治世1066 (282日)
継承権エドワード証聖王の遺言(ハロルドの主張)
賢人会議が選定
生没c.1022 – 1066 (44歳)
家系ゴドウィン家(House of Godwin
父母Godwin of Wessex & Gytha Thorkelsdóttir
結婚Edith Swannesha(ー)
Ealdgyth(1064)
子供Godwin / Edmund / Magnus / Gunhild / Gytha / Harold / Ulf
埋葬Waltham Abbey, Essex もしくは Bosham, Sussex
イングランド国王:ハロルド・ゴドウィンソン

年表

1066
01
ウェセックス伯ゴドウィン家のハロルドがイングランド国王になる
1066
09
スタンフォードブリッジの戦い:ハロルドの実弟トスティグが加担するノルウェー軍を討つ
1066
10
ヘイスティングスの戦い:南部から侵攻したノルマンディ公ウィリアムの軍に破れて、国王ハロルド死去
1066
12
エドガー・アシリングが国王に選出されるが、ノルマンディ公ウィリアムが自身の王位を宣言
年表:イングランド国王ハロルド・ゴドウィンソン

おもなできごと

ハロルドの戴冠と出自

1066年、子供のないエドワード証聖王が、死の間際に、ハロルドに王位継承を告げたとされています。賢人会議もハロルドを国王に選出しました。

ハロルドは、ゴドウィン家に生まれウェセックス伯爵位を継いでいた人物です。当時のイングランドの政治的な実権をにぎる最有力貴族でした。ハロルドの妹がエドワード証聖王に嫁いでいたので、エドワード証聖王とは義理の兄弟にあたります。

ハロルドは「アングロ・サクソン系最後の王」として位置づけられることが多いですが、母はデーン系です。またゴドウィン家は、クヌート大王の時代に抜擢されて台頭した家系です。

スタンフォードブリッジの戦い

同1066年、ノルウェー王ハラルドが自身の王位継承を主張してイングランド北部から侵攻しました。クヌート大王時代の北海帝国を根拠として、ノルウェー王にイングランド王位の継承権があるとする主張です。ハロルドの実弟トスティグ(Tostig)は、このノルウェー軍に加担していました。

ハロルドは「スタンフォードブリッジの戦い(Battle of Stamford Bridge)」で、ノルウェー軍を討ちました。

ヘイスティングスの戦い

間をおかず、つづいてフランスのノルマンディ公爵ウィリアムが自身のイングランド王位継承を主張してイングランド南部から侵攻しました。エドワード証聖王から王位継承を約束されていた、というのがウィリアムの主張です。

北部でノルウェー軍を討ったハロルドは、ウィリアムを討つべく南部へ引き返しますが「ヘイスティングスの戦い(Battle Of Hastings)」に破れ、命を落としました。44歳、治世は282日でした。

ここにアングロサクソン時代が幕を閉じ、ノルマン時代がはじまることになります。

無冠の王、エドガー・アシリング

「ヘイスティングスの戦い」 に破れたハロルドの死を受けて、イングランドの賢人会議は当時14歳のエドガー・アシリングを新国王に選出しました。しかし勝者のノルマンディ公ウィリアムが、ロンドンに入城して自身のイングランド王位継承を宣言すると、賢人会議とエドガーは譲位を余儀なくされました。エドガー・アシリングは戴冠することはありませんでした。仮に在位期間を数えたとしても、それは10月15日から12月10日までのおよそ2ヵ月のことでした。

エドガー・アシリングは、エドマンド2世の孫にあたります。父の亡命先のハンガリーで生まれました。エドワード証聖王に呼び戻された父に伴って、1057年、イングランドに来たときは4歳でした。1066年当時、エドガー・アシリングはウェセックス王家の血を引く唯一の男子でしたが、王位継承は成りませんでした。

関連記事1066年、もうひとりの候補者:アルフレド大王の直系エドガー・アシリングの人生

地図

紫色の点線:ノルウェー軍
赤色の点線:ハロルド軍
青い点線:ウィリアム軍
出典 Wikimedia Commons

Advertisement

参考
Kings and Queens of England & Britain
Harold II
Harold II

エドワード証聖王(Edward the Confessor)
エドワード証聖王(Edward the Confessor)
ノルマンディで四半世紀を過ごしてきたエドワードは、即位すると、廷臣や高位の聖職にノルマンディの人びとを就任させ、身の安全をはかりました。イングランドではクヌート.....
ウィリアム1世(William the Conqueror)
ウィリアム1世(William the Conqueror)
目次 1. ウィリアム1世(William the Conqueror)2. 年表3. おもなできごと4. 地図 Advertisementウィリアム1世(Wi.....
【歴代】イギリスの君主(国王・女王)一覧
【歴代】イギリスの君主(国王・女王)一覧
「イギリス」は正式名称を「グレートブリテン王国および北アイルランド連合王国(1922年成立)」といい、4つの国から成っています。イングランド・ウェールズ・スコッ.....

\中世前期が舞台の映画・番組/

5世紀イングランド。ウーゼル王の突然の死により、ブリテン王国は存亡の危機に瀕していた。暗い未来を予見した魔術師マーリンは、ウーゼル王の隠し子アーサーの存在を知り、正統な後継者として祭り上げる。しかし、[...]

この映画/番組の情報

amazon
       
?>